40,0.988,39.011,0,37.792,0z"/> 戻る

恐竜ニュース

恐竜くんの恐竜NEWS『スピノサウルスの最新研究』

すでにニュースをご覧になった方も多いかと思いますが、昨日、スピノサウルスの新しい研究報告がありました!
今まで詳細不明だったスピノサウルスの「尾」が、今回ほぼ完全な状態で発見され、縦に伸びて薄くなった「ヒレ状の尾」を持っていたことが判明。
2014年に発表されて以来様々な議論を呼んできた「スピノサウルスの水生適応」を支持する発見です。

 

というわけで、早速僕も過去に描いたイラストに手を加えて、2020年版スピノサウルスを描いてみました。
ワニのような形の「尾」にご注目!(今回の絵は本当に大急ぎで修正したものなので、ところどころ気になる点が…その内ちゃんと描き直しますね。)

 

 

2016年の恐竜博で展示されたスピノサウルスの骨格。この時はまだ「普通の尾」でした。(暗くてわかりにくいですが僕が骨格の前で解説しています!)

 


さて、今回の新発見の詳細が気になる方は、以下の各サイトをご覧ください。
まずは、専門の方以外には難しいかと思われますが、今回発表された研究論文です:

 

“Tail-propelled aquatic locomotion in a theropod dinosaur.” Nature.
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2190-3
有料ですが図やイラストは見れますよ。

 

次に、一般向けの記事なら、何といってもNational Geographicの特集記事がおすすめ。
まだ日本語版はありませんが、写真や図版もたっぷり!動画までありますのでお見逃しなく。

 

“Bizarre Spinosaurus makes history as first known swimming dinosaur.” National Geographic.
https://www.nationalgeographic.com/science/2020/04/first-spinosaurus-tail-found-confirms-dinosaur-was-swimming/
こちらは主に発掘や発見について。

 

“Reconstructing a gigantic aquatic predator.” National Geographic.
https://www.nationalgeographic.com/science/2020/04/spinosaurus-graphic-reconstructing-gigantic-aquatic-predator/
こちらは、よりスピノサウルス本体にフォーカスしてます。動画は必見ですよ!

 

【5/3・追記】
ナショナルジオグラフィック日本語版のページが公開されました。
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/050100271/
ただ、写真の大きさやサイトデザインなど、上記の英語版サイトの方が断然オススメなので、是非そちらも併せてご覧ください!

 

左から順に僕(恐竜くん)、友人のTyler KeillorとNizar Ibrahim(2013年10月、シカゴ大学にて)

 

上写真のNizar(右)はNational Geographicの記事中にも登場している今回の研究リーダーで、Tyler(左)は2016年の恐竜博で日本に来たスピノサウルス骨格の復元を担当した凄腕技術者です。
Nizarとはこの時初めて知り合ったのですが、Tylerは長年の友人で大の仲良し。スピノサウルスの絵を描く時も色々アドバイスをもらったり議論したりしています。

偶然にも、この時Nizarはモロッコでのスピノサウルスの発掘調査を一旦終えて帰国した直後で、シカゴに前日戻ったばかり!
お陰で、後に発表される2014年のスピノサウルスの研究裏話を、一足先に聞くことができたのです。
大発見の興奮冷めやらぬ…という様子で、研究発表に向けてエネルギー満点のNizarから聞く話は本当に刺激的でした!

 

大変な毎日が続く中、今回のスピノサウルスの発表は明るい話題となりましたね。
実は、これ以外にも同じ日に古生物関係のニュースが立て続けに発表されていました。
こんな時でも、古生物学の世界は活気に溢れていて目が離せませんよ!

 

恐竜くん|公式サイト